最新版RailsでWikiアプリを作ろう!@スタメン OthloEvent#24

イベントバナー

おはようございます。OthloTechのしゅーぞー(@shuzo_create)です。 業界では「おはようございます」で一日中通じるらしいですね。おはようございます。

2018/01/27に行われた 最新版RailsでWikiアプリを作ろう!@スタメン OthloEvent#24のイベントレポートです。

タイムテーブル

時間 内容
12:45 受付開始
13:00 イベント開始
13:10~13:20 会社説明
13:30~14:00 作るWebアプリの大枠の説明
14:00 〜17:00 ハンズオン
17:00~17:50 懇親会
18:00 完全撤収

オープニング

今回イベント開催ご協力して頂いた株式会社スタメン様のご紹介から。スタメンさんは2016年にスタートアップされた企業で、組織や企業の生産性向上を促すITサービス「TUNAG(ツナグ)」を提供しています。

オープニング

TUNAGの開発でもRuby on Railsを使用しているそうです。

Ruby on Rails

RailsはRubyを用いたWEBアプリケーションフレームワークで、設定より規約を重視することで開発効率や保守性の高いフレームワークとなっています。
今回のイベントでは、最新のRails5.2.0(まだβ版!)とRuby 2.5を使用しました。

ハンズオン

Rails5.2で新たに追加される「Active Storage」を使用したクラウドストレージへのアップロード機能の実装が今回のメインテーマとなります。まだベータバージョンなので本リリース前に先取りで学習ですね!

ハンズオン

開発環境はMacとRubyMineを使用しました。
余談ですが、JetBrainsはシェア率が急速に伸びている印象があります。 スタメンのエンジニアさんも仰っていたようにジャンプ機能などが非常に優秀です。また、どの言語のIDEでも画一されたUIで使用することができるのも強い魅力だと思います。(あ、あと学生が無料で使えるのも。)

ハンズオン

画像のアップロードだけではなく、マークダウンテキストにも対応します。「Redcarpet」というGemを使用することで簡単にに対応することができました。

ハンズオン

懇親会

お菓子をむしゃむしゃしながらの懇親会です。参加学生もスタメンのエンジニアさん達も皆、積極的に交流しています!

懇親会

観葉植物に囲まれての記念撮影!

懇親会

次回のイベント

【学生限定】UXデザイン講座(第1回)@アクアリング OthloEvent#25
株式会社アクアリング様のご協力でUXデザイン講座を開催します!
多摩美術大学から吉橋 昭夫 准教授をお呼びして講義していただきます。デザインに興味のあるエンジニアや、UXについて学んでみたいデザイナーなど、 UX初級者にもオススメ のイベントです!